農業経営塾
7月 21, 2015
熊本県山都町にて「食農観光塾」を開塾!

熊本県山都町、株式会社JTB、株式会社コネクト・アグリフード・ラインズが3社共同で実施する「山都町食農観光塾」の記者会見が6月29日に開催されました。

 

「食農観光塾」とはあまり耳慣れないワードかもしれませんが、これはその名のとおり食と農と観光を結びつけて地域の活性を狙う新しいプロジェクトです。

 

使用画像1

当日の記者会見の様子。弊社代表の熊本が発言中の1コマ。

 

昨今の農業は高齢化や後継者不足の問題に悩まされ、農業単体でがんばることには限界が来ています。そこで、農業だけでなく観光や他産業と連携して地域全体の魅力を高めるのです。

 

重要なのは外部からのノウハウや資源に頼るのではなく、山都町に元からある知恵と資源を最大限に活用することです。地域の人たちを引っ張るリーダーを育成し、他産業と協力して事業を継続していく。地元主導の地方活性プランとして、8月6日から本格始動します。

 

全5回のプログラムは月に一回のペースで開催。参加者は20人で、そのうちの7割を農業関係者が占めています。初回は「地域を担う各産業の課題・強みの発掘」をテーマに、自分たちの足下にある資源、魅力を見直すことから始めます。

 

使用画像2

3者で記念撮影。

 

常に改善を目指し、毎年よくなる仕組み作りを目指して「食農観光塾」はスタートします。食と農と観光の連携を各地に広めて、地域から次世代リーダーを輩出していく取組みです。