カテゴリー / 商談会
  • ブログ
    2月 13, 2017
    2月15日~17日「スーパーマーケット・トレードショー2017」@幕張 全国のお米生産者を紹介するブースを出展します。

    2月15日~17日に幕張メッセで開催される食品展示会「スーパーマーケット・トレードショー2017」に
    全国のお米生産者を紹介するブースを出展します。

    農林水産省が進める「フード・アクション・ニッポン」のブースとして
    北は北海道、南は熊本から、3日間で全13の生産者が出展します。

    特徴のある様々な品種や商品を「作るプロ」である生産者自ら「食品のプロ」の皆さんへご提案します。
    スーパーマーケットトレードショーにお越しの方は是非、
    「フード・アクション・ニッポン推進本部」のブースをお尋ね下さい!

    【来場事前登録はこちらから】http://www.smts.jp

    【ブース小間番号】地方・地域産品コーナー 9-510(フード・アクション・ニッポン推進本部)

  • ブログ
    11月 16, 2015
    国産プロユース米に特化したイベント【プロ米EXPO 2015】を開催します

    11月24日(水)に、東京浅草にて【プロ米EXPO 2015】を開催します。
     
    本イベントは、稲作生産者と外食・中食企業、米卸企業を対象とする
    業務用米に特化した日本最大級のイベントで、
    国産プロユース米の契約取引を推進することを目的に開催します。
     
    会場では、プロユース米に関する「セミナー」「展示商談会」「品種食べ比べ」の
    3つのコーナーを用意し、米に関わる全ての方、必見のイベントです。
     
    セミナーについては好評につき受付を締め切りましたが、
    展示商談会と品種食べ比べは、事前にお申込みいただければ
    ご参加いただくことができます。
      
    ▼詳細・お申込みはこちらからどうぞ
    「プロ米EXPO 2015」特設サイト http://komekeiei.jp/
     
    ▼パンフレットのダウンロードはこちら

    ▼申し込みフォームのダウンロードはこちら
      
    ◆◆◆ 概要 ◆◆◆
    【 日 時 】2015年11月24日(火)
    10:30~12:40 業務用米セミナー(※受付を締め切りました)
    12:40~16:00 展示商談会・品種食べ比べ
    【 場 所 】東京都立産業貿易センター(地下鉄各線浅草駅から徒歩約5分)
    【参 加 費】無料
    【参加対象者】農業生産法人、個人生産者、JA、外食、中食、米卸、自治体 等
    【 主 催 】一般社団法人 日本食農連携機構
    「平成27年度 業務用米生産・流通拡大に向けたプロジェクト」
    【事 務 局】株式会社コネクト・アグリフード・ラインズ
     
    ご興味をお持ちの方は、沓脱(くつぬぎ)TEL:03-3572-3667、メール:info@agri-connect.co.jpまで
    お問合せくださいませ。

  • 商談会
    7月 21, 2015
    食品スーパー(株)バローで商談会&直売会が開催されました

    7月4日。一般社団法人日本食農連携機構主催により、食品スーパーのバロー戸田店で店頭直売会と商談会が開催されました。バローは中部地区を商圏とする食品スーパー。地元の若手農業者を対象にした商談会では、参加した生産者の7割が「いい結果を出せた」とのことでした。

     

    JAと12社の農業法人に参加してもらった今回の商談会。1社あたり時間は30分でも、いい仕事が成約するところがいくつかありそうです。若手生産者と食品スーパーをつなげることで、多くの消費者に、質の高い農産物が届くことを期待したいです。

     

    使用画像1

    農産バイヤーの2名は、休み時間もなく各地から来た生産者との商談が続きます。

     

    使用画像2

    こちらは打って変わって賑やかな店頭直売会。

     

    使用画像3

    お買い上げありがとうございます。

     

    早くも売り切れになるブースも。

     

    生産者の皆さんは、趣向を凝らした手作りのポップでそれぞれの魅力をアピールしていました。

     

    生産者からは、地域のお客さんとバイヤーの声を一度に聞ける場所として高い評価をいただいています。コネクトは今後も若手農家支援の一環として、同様の商談会を開催していく予定です。

     

     

  • 商談会
    3月 12, 2015
    国産業務用米の商談会・展示会を開催しました!

    みなさんこんにちは、メディア事業部の石田です。

    先日3/4(水)、国産業務用米の生産・流通の拡大に向けて、展示商談会を東京有楽町にて開催しました。午前中は商談会、午後は商談会の続きに加えて、お米の試食会を行いました。

     

    実需者45社・生産者45社が集まり、事前マッチング制の25分商談会を6回行いました。

     

    DSC_0134

    午後に行われた、参加生産者によるお米の展示会。

     

    参加自治体・JAによる品種食べ比べ会も、展示会と同時に開催。

     

    そもそも今回の商談会、そして昨年より全国各地で行った業務用米セミナーは、農水省の、日本の食、特に「お米」の消費拡大プロジェクトの一環として行いました。

    現状、米農家の農業経営改革も求められています。中食・外食用米の需要が拡大する一方、生産が追い付いていません。また、5年後の減反廃止や米価下落など、米を取り巻く環境は引き続き大きく変化しそうです。そうすると、生産者と中食・外食企業をつなぐことによる、業務用米の生産・販売のサポートは、大きな意味があるんじゃないかと考えています。

     

    プロジェクト全体の中で、K’onnectは事前調査や事務局・運営という役割を行いました。今まで商談会を何度か開催してきましたが、この規模の経験はなかったこともあり色々とカイゼンすべき点も見つかりました。ですが何よりも、日本の農業の中でも大きな存在である”お米”業界の発展の機会に関われたことが一番の収穫でした。

     

    今後も業務用米セミナー/商談会は開催されるかと思われます。興味ある方はぜひ、機会を見つけて足を運んでみてください。それではまた!

  • 商談会
    11月 25, 2014
    業務用米に特化した情報サイトを開設!「セミナー」と「展示商談会」も開催します

    こんばんは、コネクトの沓脱です。本日は、業務用米の生産・流通拡大に向けたプロジェクトについてご紹介します。

     

    このプロジェクトの目的は、「米生産者」と「外食・中食企業」間の安定的な米の契約取引を推進し、WIN-WINな関係を米業界全体で築いていくことです。その一環として、今回業務用米の契約取引に関する特設情報サイトを開設。また、来年1月には米生産者に向けたセミナーを、3月には生産者と企業のマッチングの場を提供する展示商談会を実施します。(申し込みはこちら→http://komekeiei.jp/

     

    契約取引を取り入れたい生産者・企業の方は、canada goose jakke billig 是非チェックしてみてください!

     

     

    ◆◆◆米の契約生産による安定取引と中食・外食に向けた販路拡大セミナー◆◆◆
    ~企業との契約取引に関する情報を発信!全国4会場にて実施します~

    1.東京会場
    【日時】2015年1月20日(火) 14:00~17;30
    【場所】TKP大手町ビジネスセンター (大手町駅から徒歩3分)

    2.福岡会場
    【日時】2015年1月23日(金) 14:00~17;30
    【場所】ザヴィラズ福岡 (西鉄福岡天神から徒歩5分)

    3.大阪会場
    【日時】2015年1月27日(火) 14:00~17;30
    【場所】トラストシティカンファレンス・新大阪 (新大阪駅から徒歩5分)

    4.仙台会場
    【日時】2015年1月30日(金) 14:00~17;30
    【場所】TKP仙台カンファレンスセンター (仙台駅から徒歩3分)

     

    ◆◆◆国産米 展示商談会◆◆◆

    【日時】2015年3月4日(水) 10:00~16:30
    【場所】東京交通会館(有楽町駅より徒歩1分) canada goose jakke billig

     

    サイトの情報は随時アップデートします。また、セミナー・商談会のご応募は、随時受け付け中です!
    ■特設情報サイト&応募ページ http://komekeiei.jp/

  • 商談会
    11月 12, 2014
    視察&農産物商談会ミニツアーinシンガポールを開催!

    こんばんは。コネクトの石田です。
    先日、何名かの生産者の方々とご一緒して、3日間の「視察&商談会ミニツアーinシンガポール」を開催しました!今回はその内容についてご紹介します。

     

     

    まず1日目は、現地の流通・消費の視察。最初に訪れたのは、国際的なハブとしてシンガポールの経済成長を支える、シンガポール港コンテナターミナル。1年間で3200万TEU、つまり20フィートのコンテナを3200万個分!扱い、その規模にはやはり驚かされます。トラックの横に普通に並んでいる高級車を見て、このターミナル・市場の発展を改めて実感!

    CIMG6607   CIMG6613   CIMG6603

     

     

    その次は、現地資本のローカル食品スーパー、Shen Siong。一般的に物価の高いシンガポールですが、食品に限ってはかなり安く、例えば白菜をとってみても1.9$/玉。

    CIMG6616   CIMG6624  CIMG6622   CIMG6618

     

    そして、現地資本の高級スーパー、FairPrice Finestに移動。日本で言えば成城石井。先ほどのスーパーとはターゲットは異なり、価格も多少高く、陳列品、品質、棚・パッケージの見せ方、消費者の動きも応じて違う様子。生産者の方々も、特に自分がやっている品目についてじっくりチェック、流通の違いについて議論中。

     

    最後は、伊勢丹。先ほどのスーパーにも日本産食品コーナーがあったのですが、現地の食品との価格の違いは強烈。メロン1玉7000円、お米5kg 5000円、、、etc。ただ予想に反して結構売れる様子。購入するのは、ほぼ現地の富裕層で、彼らが固定客となっているようです。

    CIMG6651   CIMG6652   CIMG6653

     

     

    そして2・3日目は、本命の商談会。事前に決められたスケジュールにそって、個別に商談を始めていきます。今回は、日本から生産者が49社出品、シンガポール・マレーシアからサプライヤー・バイヤー側が約100社来場し、会場も熱気を帯びています。ご一緒した生産者の方々も、戦略的な売り込みがバイヤー側に刺さり、商談も盛り上がっていました。

    CIMG6659   CIMG6664 CIMG6669   CIMG6770

     

     

    ちょっとボリューム多めになってしまいましたが、、、いかがだったでしょうか?東南アジアに行かれる際は、一度立ち寄ってみても良いかもしれません。

  • 商談会
    10月 17, 2014
    「信州農産物商談フェア2014」を開催しました!

    こんにちは!インターン生の金丸です。

    今回は、先日ご紹介した大手スーパーでの直売・商談会に引き続き、10月8日(水)に長野県庁で行った「信州農産物商談フェア2014」についてのご紹介です。

     

    現在、消費者の購買傾向が「小売・スーパーの農産物」から「外食・中食などの業務用農産物」へと変化しており、それにあわせた産地・販路・流通づくりが必要となってきています。そこで、意欲の高い農家が集まる、業務用農産物の産地強化・開発を支援するため、今回の商談フェアを開催しました。

    1 2 3

     

    当日は「商談会(写真左)」と「展示会(写真右)」を同時に開催。生産者48社と実需者25社が集まり盛況を博しました。

    長野県近郊の1,247社に直接電話しニーズを聞いた後、事前にお互いの条件をすり合わせ、マッチングまで一貫して行うことにより、その場でビジネスが生まれる仕組みを作りました。また、生産者と実需者にとって大きな懸念材料である輸送問題を解決すべく、物流会社・地元仲卸会社と連携、農家単体では対応の難しい商談をサポートしました。

    4 5

     

    集まった実需者は、全国200店舗以上展開する外食企業から、こだわり食材を扱う有名スーパーの惣菜部門、地域密着型企業、そして某大手ホテルや介護業界まで様々。生産者にとっても今後の可能性を広げる絶好のチャンス、商談予定のない実需者を見つけては積極的にアプローチしている姿が多く見受けられ、活気のある会になりました。

    6 7 8

     

    最後になりますが、お忙しい中ご参加して頂きました皆様、誠にありがとうございました。信州に限らず日本全国にいる「成長意欲のある農家」のお力になりたいと思いますので、今後もよろしくお願いします。

    信州農産物商談フェア2014
    商談会
    展示会
  • 商談会
    10月 6, 2014
    長野県のスーパーさんにて「商談・直売会」を実施しました!

    こんにちは!コネクトの沓脱です。寒い日が続いたと思ったら急に暑くなったりと、不安定な気候が続いますね。くれぐれも体調にはお気を付けくださいませ。

    さて本日は、先週9月26日(金)、長野県松本市で実施した、某大手スーパーさんでの直売・商談会についてご紹介します。当社では、「成長意欲の高い地域の生産者」と「農家と手を組んで、地域を盛り上げていきたい企業」をつなぐことを、事業コンセプトのひとつにしており、今回もその一例になります。

     

    当日の構成は2つで、題名のとおり、「商談会」と「直売会」です。メインイベントである「商談会」では、地域の生産者とスーパーのバイヤーとの商談会をセッティング。1社あたりの商談時間は各20分で、スケジュールに沿って行いました。生産者にとっては、大手スーパーのニーズを知り、商談の進め方を体感することができ、バイヤーにとっては、企業と継続的に責任をもって取引したいという、先進的な生産者と効率的に商談を進めることがきる、というメリットがあります。

    CIMG5855CIMG5856

     

    一方「直売会」では、生産者各自がそれぞれブースを設置し、スーパー来店者へ向けて商品をPRしながら販売しました。さすが地域を代表する農家の方々だけあって、商品の見せ方や配置、POPや商品説明の書き方を心得ていらっしゃいます。

    CIMG5847 CIMG5853 CIMG5875

     

    商談会ではその場で契約が何件か成立し、「生産者と企業をつなぐ」という当社の役割を担うことができました。今後も国内各地で、このような商談を主とするイベントを実施していけたらと考えております。「次はうちの地域にきてほしい!」というご要望やご意見等ございましたら、お気軽にメンバーまでお問い合わせください!今後の参考にさせていただきます。

    CIMG5888 CIMG5906 CIMG5919

     

    最後になりましたが、ご参加及びご協力いただいた皆様、どうもありがとうございました!今後もよろしくお願いします。