AGRICONNECT Co.

業界団体・JA・金融機関向けコンサルティング

農業経営、アグリビジネス開発の経験を、
農業の発展を支える皆様の力に。

ABOUT業界団体・JA・
金融機関向け
サービスについて

業界団体、農業団体においては、事務局運営における総合的な支援、
団体会員や組合員向けのサービス強化や会員事業の支援機能の充実化、
事業の方針策定や戦略づくりを支援します。

JA様においては、中長期戦略づくり、組織改編、人事評価制度づくりから、
新商品開発、商品や農産物のブランディング、販売促進、デザインやPOPの一新など、
経営レベルから現場の短期的な成果を目指した実践支援を行います。

JA向けコンサルティングConsulting for JA group

JAグループ様の課題解決をサポートいたします。「地域農産物のブランド化」「規格外品を使用した商品開発」「企業への販売支援」「JA出資型農業法人の農業経営支援」「職員研修」「講演会」などさまざまなテーマにてご支援を行うことが可能です。

金融機関向け
コンサルティング
Consulting for financial company

金融機関様の場合、パートナーコンサルティング企業として連携しております。融資先や関連企業などから農業分野に関する事業相談が上がってきた場合、当社のコンサルタントを派遣し事業支援を行っています。自社でアグリビジネスの部署を設立している金融機関様においては、農業分野での融資先・出資先のデューデリジェンスや中期経営計画・事業再生計画の策定などを行っております。

事例

  • 大手エネルギー企業 不採算生産事業の要因見極めと再生シナリオ策定支援

  • 某金融機関様 6次産業化ファンドの活用に向けた事業計画策定

    農業生産法人が2013年に設立された官民ファンド「農林漁業成長産業化ファンド(通称:6次化ファンド)」を活用した事業拡大を進めていきたいとの相談を某金融機関から受けプロジェクトがスタート。当社にて対象品目における外部環境を徹底調査・分析し、対象法人の財務分析、幹部ヒアリングなどを通した内部分析を行い、実現可能な事業計画の策定を行った。

  • 大手精密製造企業(東証一部) グループ生産子会社の再生と成長へ向けた変革シナリオづくり

    クライアント企業はグループ全体の雇用づくりを目的に、農業生産事業を全国複数拠点で展開している。収益化している事業は少なく、赤字が恒常化している要因を把握し収益化に向けた変革シナリオづくりを当社へ依頼。当社は現場の経営層から現場スタッフまでヒアリング、財務分析、同品目同規模のほかの生産者との比較などから、理念、経営者の適性、組織風土、人員体制、組織力、生産技術力、コスト構造、人材育成、湯収益といった複数の観点で評価し、赤字要因の特定を行った。また、改善に向けたトップ含めた新たな組織体制の提示や、既存品目の5カ月の収益改善プラン、新たな品目づくりによる収益向上の施策を提示。

  • 大手精密製造企業(東証一部) 特定品目の先端栽培技術パッケージのアジア展開(海外企業への技術売却)

    クライアント企業は特定品目の生産技術について5年間の研究開発を経て実用化レベルまできており、当該技術のビジネス展開を模索していたところ当社に相談。国内だけではなく成長するアジアへの展開可能性を検討するプロジェクトをスタートした。当該技術を使って現地で展開可能な新たなビジネスモデルパッケージをつくり上げ、当社の現地政府、企業とのネットワークを活用し交渉のコーディネートを行った。大手財閥企業や投資会社、現地食関連企業などをコーディネートし、現地でのビジネス数値の試算や必要な資材や人材確保など実現可能性を共に評価しながら、現地への技術売却へ向けた交渉支援を推進。

  • 大手設備企業(東証一部)不採算生産事業の改善余地見極めと改善へ向けた戦略策定と実務支援

    クライアント企業は、農業参入として大規模な施設園芸に参入したが、5年以上経過しても採算が取れず、当初の事業計画との乖離も大きく、改善余地の見極めについて当社に相談がありプロジェクトがスタート。必要な数字分析や経営層、現場スタッフへのヒアリングを経て、販売、生産、組織の3分野において課題を構造的に整理。類似の品目・規模・設備の生産企業の各種数値と比較し、どこにどの程度の課題があるのか、目標値はどの程度に設定すればよいかを明らかにした。改善に向けては、展開するマーケットの市場性や商流、組織体制、生産改善等から複数の改善シナリオを策定し、現場へ入り込んだ支援プランを提示。

  • 大手製造企業(東証一部) 新しい農業経営を実現する先端技術譲渡のコーディネート

    クライアント企業は、数年前に農業参入をしており一定の生産技術体系を確立していた。本業の方針転換により農業分野からの撤退が決まり、これまで蓄積してきた生産技術の売却について当社に相談しプロジェクトがスタート。当社の農業参入企業や農業生産企業のネットワークを活用し、技術売却先を抽出。売却先企業にとって、当該技術を活用したビジネスモデルや市場性について明らかにし、技術M&Aのクロージングを支援。

  • 異業種参入生産企業 不採算生産事業の要因分析と改善へ向けたシナリオ策定と実行支援

    クライアント企業は、異業種より数年前に参入していたが、収益における計画との乖離が大きく、不採算の解消が見えないままでいた中で、当社に相談。コスト構造を整理し、どのコスト項目が全体の収益悪化に大きく影響しているかを明らかにした。改善へ向けては、コスト改善へ向けた現場マネジメントの推進と、マーケットや営業状況からどのような商品規格をどのチャネルに販売すると黒字化するかのシミュレーションより、不採算解消へ向けた重要施策を明らかにした。

業界団体向け
コンサルティング
Consulting for industry groups

農業関連の業界団体様の総合的な支援を行っています。団体会員や組合員向けのサービス強化や会員事業の支援機能の充実化、事業の方針策定や戦略づくりを支援します。また、自主的に行う勉強会やセミナーの事務局業務なども当社にて請負い円滑な運営の支援を行います。

事例

  • 国内最大の農業法人加盟業界団体様 若手会員向けサービスの強化コンサルティング

    団体活性化に向けた若手会員拡大に向けた経営セミナーの企画・講師を受託。多数の農業経営塾の立ち上げ、企画、講師を手掛けてきた弊社の実績を評価いただき、理事会にて採択される。全国3カ所で「経営継承セミナー」を実施し、参加した生産者から多数の新規入会を獲得した。