メンバー紹介

title

熊本伊織

Iori Kumamoto

代表取締役社長

 大阪府立大学経済学部卒業後、松下電工(株)入社。2006年に㈱船井総合研究所に入社し、農業・食品リサイクルビジネス支援チームで企業向け農業参入プログラムを確立し企業の農業ビジネスコンサルティングを開始。2013年に創業し、現職。
 大手IT企業、旅行会社、食品スーパー、鉄道会社、金融機関、食品メーカー、食品卸企業、広告代理店など大手企業のアグリビジネス参入コンサルティングや、大規模農業法人の経営コンサルティング、農林水産省はじめ自治体の新事業策定や農産物マーケティング、地域活性化プロジェクトを手掛ける。
 農業経営者育成に関しては、熊本県、宮崎県、長野県、佐賀県、等の農業経営専門の塾、研修の企画・プロデュース・講師を務め、受講者は1,000人を超える(2017年時点)。

前田慶明

Yoshiaki Maeda

取締役副社長

 専修大学経営学部卒業後、2008年に㈱船井総合研究所入社。農業・バイオマスコンサルティングチームにて循環型農業をテーマに異業種の新規農業参入コンサルティングを行う。現場支援では、新規事業農地の選定から現場の農法指導・農産物の販路開拓まで事業立上げには現場に踏み込んだ支援を行なう。
 2012年にK'onnectLLP代表に就任。若手農業者の人材育成や大手企業の農業分野における新規事業開発、農産物の卸流通事業を手掛ける。
 2013年、代表の熊本と共にアグリコネクト㈱を立ち上げ、現職。
 異業種及び食品企業による新規農業参入や、農家・農業法人の新規事業開発、食品リサイクル導入コンサルティング、アグリビジネスの海外展開、企業・教育機関向け食育・環境教育プロデュース、農産物調達・全国の産地開拓事業、農産物の流通・販売事業などコンサルティング実績は多数。

木原透光

Yukimitsu Kihara

常務取締役

 電気通信大学経営学部卒業後、㈱船井総合研究所入社。戦略コンサルティンググループにて、中堅・大企業のマーケティング戦略、営業改革、新規事業立ち上げ、M&Aに伴う事業評価分野のプロジェクトリーダーとして従事。大手企業からの依頼を受けた常駐コンサルティングなどを掛け持ちし、戦略コンサルティングとしては同社内でもトップクラスの実績を出す。
 その後、三菱UFJリサーチ&コンサルティング㈱に入社し、前職の分野に加えて、企業理念づくりと社内への浸透支援、中期事業計画の策定、収益改善など経営に関する実績を重ね、2013年にアグリコネクト㈱に参画。プロジェクトに関わる社員を巻き込んだ課題解決を進める実践的な支援を中心に、事業計画策定、仕事の工程管理等の仕組みづくり、経営トップの思いを現場に浸透させる会議設計など、“組織を動かす”を重視したコンサルティングを行っている。

大野一成

Kazunari Ohno

コンサルティング事業部
マネージャー

 2009年、農事組合法人による食品リサイクル事業の実務担当者として、食品残渣の堆肥化、飼料化(エコフィード)事業やバイオエネルギー事業に従事したことをきっかけに、以降、農業ビジネスに携わる。2012年K’onnect LLPに参画、アグリコネクト(株)にはパートナーコンサルタントを経て2014年より現職。
 食品リサイクルに関する導入・改善・浸透、リサイクルループ構築支援の他、産地と実需者を繋ぐ国・自治体のビジネスマッチング事業を数多く手がけている。そのなかで培った実需企業バイヤーとのリレーションを活かしながら、マーケットのニーズを捉えた、生産者向け商談・販売戦略研修や商談コーディネートの実績も多数。地元に密着した産地開発や、地域リーダーの事業支援、産地の農産物マーケティング・販売促進・営業代行など、実践的な支援を行なっている。また、現在アグリコネクトが行う人材育成事業の運営統括を担当している。

湯本重伯

Shigenori Yumoto

コンサルティング事業部
コンサルタントリーダー

 慶應義塾大学環境情報学部卒業。アビームコンサルティング株式会社より転職し現職。 農業を通した永続的事業の創出で地方地域をより豊かにしたいと思い、アグリコネクト㈱に参画。 IT業界で培った緻密な計画立案と着実なプロジェクト推進を得意とする。
 企業のアグリビジネス参入支援コンサルティングを担当。
事業開発支援においては初期構想から事業パートナー開拓、仮説検証トライアルまで、フェーズを横断した包括的な支援を行っている。
 農業資材の実証試験コンサルティングサービスを統括。
試験目的に応じた柔軟な座組設計の上で開拓した試験協力先は、プロ農家やJA、研究機関等、延べ50団体以上にのぼり、日本全国に広がるネットワークを活用し、穀物・果菜類・葉菜類と様々な品目での試験実績を持つ。
試験の質向上のためには、協力先農家へ適した栽培方法の提案まで踏み込む。
 新技術と農業経営の融合で農業変革を加速させ、地域ごとの新たなモデルを創出することを目指している。

岩崎淳子

Junko Iwasaki

コンサルティング事業部
コンサルタント

 ヨーク大学卒業後、株式会社インテージに入社。消費財メーカーの担当として市場調査業務全般へ従事。その後、アグリコネクト㈱に参画し、企業の農業参入コンサルティングにおけるマーケットリサーチ、フィジビリティスタディー、戦略構築に向けた企画立案支援など幅広く経験。調査全般、コンセプト設計等の得意領域を活かした地域活性戦略づくり、地域ブランディング、人材育成の案件等へ取り組み、持続可能な農村・まちづくりの実現を目指す。

山口ひとみ

Hitomi Yamaguchi

コンサルティング事業部
コンサルタント

 大学では地域経済学を専攻。大学外で自治体や地域団体とともに活動を行う。
 卒業後はマーケティングリサーチ会社に就職し、調査を通じて新事業・新商品開発、プロモーション戦略構築などの支援を行う。その後、アグリコネクト株式会社に入社。
 これまでは、「地域活性事業の事業戦略構築・実行支援」「地域リーダーの人材育成」「移住をともなう就農プログラムの策定・実行支援」「農業法人における加工事業部の商品開発・販路開拓支援」などに従事。
 マーケティングリサーチの経験を活かしながら、生活者志向の持続可能な農業経営/地域づくりの支援を行っている。

船越真結

Mayu Funakoshi

コンサルティング事業部
コンサルタント

 オイシックス・ラ・大地㈱でのWEBマーケティング職を経て、 2018年、農業界により深く関わりたいという思いからアグリコネクト㈱に入社。
 日本最大級の農業専門就活イベント『アグリク』を統括し、業界トップレベル企業および農業界就職を志す学生・社会人との幅広いネットワークを持つ。北海道から沖縄県まで国内教育機関での出張講義多数。
 「人と企業を結んで業界の流動性を上げる」をミッションに、アグリキャリア支援を軸とした活動を行う。

中野慧

Kei Nakano

コンサルティング事業部
コンサルタント

 東京大学大学院にて科学史・科学哲学を専攻し、近代農学の成立・発展過程を論じた修士論文で一高記念賞を受賞。
 2013年に野菜品種の育種を行うみかど協和株式会社に入社。
 エリアセールスマネージャーとしてオセアニア・南北アメリカへの営業を担い、品種試験、市場調査、商品開発、貿易実務などの業務を遂行した。
 国内の農業に深くかかわる仕事をしたいという思いから、2018年にアグリコネクトに参画。技術・市場に関する知識と多様な分析手法を活用し、新素材の応用実証、市場性調査、農業経営体の成長のための人材育成に携わる。

有田萌

Moe Arita

コンサルティング事業部
コンサルタント

 名古屋大学大学院生命農学研究科修了。
 環境系ベンチャー企業、農業法人、経済産業省を経てアグリコネクトに参画。前職の経済産業省では、国内の温暖化対策、TPPなどの経済連携協定における関税交渉等を担当。政策企画、立案に加え、200人規模の審議会の運営、各省折衝に従事。
 現在は、主に大手企業様のアグリビジネス参入コンサルティングを担当し、戦略立案、事業計画策定支援を行っている。

齊藤奈菜

Nana Saito

コンサルティング事業部
コンサルタント

 大学卒業後地方銀行へ入社。銀行窓口業務・個人営業を2年間担当。
 地元熊本県山都町を何とかしたいという信念から2019年4月アグリコネクト(株)へ入社。
現在は住民と行政職員が共に町の課題に向き合い事業立上げを目指す人材育成塾の企画運営や、地域農産物のブランド化などを主に、地域活性事業に取り組む。
目指すは山都町の持続的発展。
町を担う次世代として日々邁進。

大場大輔

Ohba Daisuke

コンサルティング事業部
コンサルタント

 早稲田大学の建築学科を卒業。同学科修士課程を修了後、株式会社ドリームインキュベータを経てアグリコネクトへ参画。ドリームインキュベータでは、主に大企業のコンサル事業に従事し、国内企業を中心に製造業、化粧品、食品、総合商社、エネルギー、通信と、多岐にわたる業界のプロジェクトを経験。
 その後、アグリコネクトへ入社し、現在は大手企業のアグリビジネス参入のコンサルティングを主に担当。農業界への参入を狙う企業とともに、ビジネスモデルの設計や、事業計画の策定を行う。

石田朱梨

Juri Ishida

コンサルティング事業部
コンサルタント

 2018年に大阪大学外国語学部スワヒリ語専攻を卒業後、アグリコネクト(株)に新卒入社。
 OJTを通じて、大手企業の農業参入支援を中心に、農業コンサルタントとしての基礎を学ぶ。
 社会を豊かにするために、「農業界の発展」に貢献できるよう、現在は企業の農業参入支援を初め、農業法人の経営支援や自治体向けの地域活性プロジェクトにも従事。
 自身の語学力を活かし、海外農業企業との交渉や日本企業の海外農業進出の支援も行っている。

町田康

Kou Machida

メディア事業部
マネージャー

 大学在学中、「志をつなぐ」という理念に共感しアルバイトとしてアグリコネクト(株)に参与。
 2017年4月より農業・ガーデニングメディア「AGRI PICK」の事業開発担当を務める。
 現在AGRI PICKの事業マネージャーとしてメディアを盛り上げつつ、さらなる地方活性や農業者育成の新規事業の開拓に努める。

井出弥美

Hiromi Ide

メディア事業部
エディター

 長野県の酪農家に生まれ、牛に囲まれた幼少期を過ごす。
 大学卒業後、営業職、事務職を経て、編集職に転向。大手金融機関の業務マニュアル、通信教育テキスト、外資系ソフトウェア企業のWebサイトなどの固いジャンルから、住宅情報誌、占い誌まで、さまざまな分野の紙媒体およびWeb媒体の編集・制作業務に携わる。
 メディアを介して農業界を盛り上げたいとの思いから2017年12月、アグリコネクト(株)に入社。メディア事業部にて「AGRI PICK」の企画・編集業務を担当。

大場まどか

Madoka Ohba

メディア事業部
エディター

 大学では森林学を専攻。林業経営について学ぶ。その後「ものづくりがしたい」という思いから編集者の道を志し、制作会社へ入社。韓国のガイドブックを中心に書籍の編集業務に携わる。
 編集者として働く中で、WEBメディアに関心を持つようになり、中でも長期的なビジョンで育てていける、自社サイトの制作に携わりたいと、転職を決意。
 転職活動の中でアグリコネクト(株)を知り、「農のある暮らしを、若い世代にも広めていきたい」と考え、2018年8月同社に入社。
 メディア事業部にて「読者が見たいもの、ワクワクするものを作る」ということをモットーに、「AGRI PICK」の企画・編集業務を行っている

沓脱彩子

Ayako Kutsunugi

コーポレート部
リーダー

 社内の人事・経理・法務・総務の管理業務全般の他、農業法人の組織づくりに向けた支援等を行う。
 大学卒業後信託銀行に3年間勤めるが、学生時代に北海道の牧場へアルバイトに通った経験から、農業の素晴らしさが忘れられず、農業関連業界に転職することを決意。まず生産現場の現状を体感し把握するため、岩手県奥州市の農業法人にて約1年間の農業研修を実施。りんごとキュウリの栽培・販売全般に携わる。
 2014年6月、「農業界を強くする」というアグリコネクト㈱の理念と事業内容に共感し、入社。農業界を支えるコーポレートチームの構築を目指し、実践している。
 趣味は登山やマラソンをとおし、可能性を拡げるために挑戦すること。「健康隊長」として、メンバーがより健康になり、各自の能力を最大限発揮できるような組織づくりにも取り組む。

池田奈緒美

Naomi Ikeda

コーポレート部

 大学卒業後、人を笑顔にする仕事がしたいと思いアパレル企業に入社。
 その後、より多くの人とコミュニケーションを取りたいという思いから、ワーキングホリデーを利用し、オーストラリアへ。
 オーストラリアでは、リンゴの収穫作業や、トウモロコシ出荷場にて商品管理などの仕事に従事した。
 その経験から農業の魅力を知り、日本帰国後2016年8月よりアグリコネクトに入社。
 日本の農業界を盛り上げるべく、縁の下の力持ちとして、農業経営者を育てる人材育成事業の事務局と、コーポレート部を兼務している。